アイドル強制操作~悪徳社長に操られた処女アイドル~ 1話後編 

クリムゾンアイドル強制操作「~悪徳社長に操られた処女アイドル~」の1話後編の紹介です。

アイドル日比野ゆあちゃんの処女が・・・

ハゲオヤジの芸能事務所の辺野木社長に奪われる?!

男の手はゆあの一番感じるアソコを刺激する。

スマホで命令したことでアイドルの日比野ゆあは、完全に男に弄ばれていた。

両手両足が動かないゆあは、男にされるままで抵抗も出来ず感じてしまう。

ゆあは、もう我慢出来なかった。

大声をあげて絶頂に・・・

アイドル強制操作「悪徳社長に操られた処女アイドル」 1話後編 ネタバレ

アイドル強制操作の処女アイドル日比野ゆあは、ここからの後編がおもしろい。

男のスマホで操られる日比野ゆあには、もう抵抗することが出来ませんでした。

「続きは、ゆあちゃんの家でやろうか? ねぇ?」

楽屋を出ると、男は強引にゆあをタクシーに乗せてゆあの自宅に向かうのでした。

そのタクシーの中でも男はゆあを責めます。

運転手が、気が付いている中で、何度も何度もゆあは男にイカされてしまいました。

そして、アイドル日比野ゆあの家に無理やり入り込む男。

そこから本格的にエッチな行為が始まります。

部屋には、ファンから送られてきた大人なのおもちゃがありました。

「ずいぶんといやらしいオモチャを持っているみたいだねぇ!」

「ち 違う!それはファンが・・・んんッ」

「私は、そんなの使っていない!使ってないから!」

めざとく見つけた大人のおもちゃで早速、男はゆあを責めます。

「せっかくファンからもらったんだから使わないと・・ねぇ」

バイブを両方の乳首とアソコにつけて刺激します。

さらに電マでアソコを責めまくります。

ん んんッ!!

あっ ああああああ!

手も足も動かせられにゆあは、抵抗できずに何度もオモチャで遊ばれれてイカされてしまいます。

「どうかな ゆあちゃん」

「もう100回近くイッてるかな?」

「気持ちよすぎてたまらないだろう?」

「少しは、エッチなこと好きになってきたかな?」

「言ってみなさい 私は本当にエッチなことが大好きな女の子なんです‥って」

「だれが、そんな・・・ッ!」

「キライ! 私はエッチな事なんてイヤ!」

男は、本当のエッチを知らないからしょうがないかといいながら

ゆあのアソコに男の勃起しモノを押し当てます。

「やだ! ちょっと何するの!」

「決まっているだろう?教えてやるんだよ。」

「セックスというものを」

「これで本当にエッチな女の子になれるんだよ」

「やめて!お願い!それだけはやめて!」

涙目で訴えるアイドル日比野ゆあであったが・・・

あっ・・・あああ—–ッ!!

”ウソ そんな! わたしの初めてが”

容赦なく男の勃起したアレが処女膜を突き破っていく!!

「テレビで言ってたよな 太くて大ききいのが好きって どうかな実際に味わってみて」

「やめてッ! 抜いて!抜いてよ!」

口で言うのとは反対に快感い包まれてしまうアイドルの日比野ゆあ

ダメッ・・・イッちゃう!

あああッ あ あああああッ!

ゆあが絶頂に達した後、スマホの着信音が鳴る。

それは、マネージャーからのものでした。

「せっかくだから出てみようか?」

「イヤッ!」

男は、電話を受けてゆあに会話するように促します。

「あ ゆあチャン お疲れさまでした。あの後ちゃんと帰れた?」

日比野ゆあは、電話で話せる状況ではなかった。

「ゆあチャンどうしたの!?」

「ああ なんでもない・・・!」

日比野ゆあの状況を知らないマネージャーは話続けます。
打ち合わせで、MHKの朝ドラに出演が決まったというビッグニュースを伝えたのです。
それは準ヒロイン役でヒロインと一緒にテニス部で頑張るというものでした。
そして、これを転機にエッチキャラからさわやかキャラに転向しようと話しかけてきたのでした。

ゆあは、今はそんなことを喜んでいられる状況ではありません。

男のモノで膣を突かれるたびに快感で喘ぎ声が出そうになっていました。

喘ぎ声をマネージャーに聞かれるわけにはいきません。

必死に喘ぎ声を我慢するゆあです。

しかし快感で我慢ができません。必死にこらえても喘ぎ声がもれてしまいます。

”ダメッ! あ あああッ!”

「誰かいるの? ゆあチャンどうしたの!?」

「ちがッ なんでも・・・」

ああああッ  あッ!

ついに大声をあげて絶頂に達してしまいました。

「ほらマネージャーに言ってやれ、
私は本当にエッチ大好きですって
これからもエッチキャラでやっていきますって!
言わないとこのまま中に出すぞ!!」

ダメッ! ダメッ!

”好きじゃない。本当は好きじゃない!
言わされている。仕方ないの!”

「あ あたしは!本当にッ!エッチ大好きです!!」

あ あああッ!!

「ゆあチャン ちょっと」

これからも、この男はアイドルの日比野ゆあをエッチに調教していくのでしょう。

「良く言えたね、これで本当にエッチキャラになれたんだよ」

「良かったね。ゆあちゃん」

ツーツーツー
スマホが切れた。

そして処女喪失の記念撮影です。

お決まりの両手Vサインのポーズで記念写真だ!

日比野ゆあは、屈辱的なポーズにされても気持ちよすぎて、頭が真っ白になって・・・

あああッ!

イヤッ!!

最後はやっぱり中出しされたかな。

 

次話も楽しみなアイドル強制操作

アイドル強制操作と言えば、彼女いない歴22年のブサイクな鎌田紐男のイメージですが、紐男くんの後任の辺野木も酷いブサイクなハゲオヤジです。さえない男がスマホの力を借りて美女のアイドルを犯していく話には変わりありません。

辺野木は、芸能事務所の社長という事なので、今後の話の中でも美女を犯してくれることでしょう。どんな可愛いアイドルが登場するのかも楽しみですね。

次話に期待しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ