アイドル強制操作 終章 欲望の果て 愛は強かった!オリエ&アンリ

d-blue1アイドル強制操作 試し読みd-blue1

ギターリストのオリエとヴォーカルのアンリは、強い友情で結ばれていた。

男に完敗して犯され、屈辱をあじわったオリエっであったが、復讐の気持ちはより強くなっていった。

確かにあの男には逆らえなかったが、心だけは操られなかったのだ。

そしてアンリのことを強く思う時、操る力は弱くなったのを感じていたのだった。

アンリの事を想いながら、オリエがギターの練習をしていると、再びあの男が現れたのでした。

「オリエちゃん!また遊びに来たよ。今度こそ君を屈服させるからね。」

アンリと私のために、絶対に、この苦難を乗り越えてみせる。

スマホでコミック読むなら
まんが王国!!

アイドル強制操作 終章 欲望の果て

「今日は、何して遊ぼうかなぁ?!」

そんな調子で入ってきた男に今日もまったく逆らえない。

両手首を縛られ早速、男の餌食なってしまった。

今日こそは、なんとかしようと思っているのだがどうにもならない。

「今日はちょっと面白い事をしてあげようと思ってね。」

男のスマホでの命令は・・・なんと!

『今からオリエちゃんの鼓膜が、アソコの刺激と同じになる。』

耳が性感帯になってしまったのです。

声を聴くだけでも敏感に感じてしまうオリエ。

 んっ! ああ・・!

男のギターの演奏の音でイってしまう。

なおも、ヘッドホーンをつけて大音量の音楽を聞かされる。

もう快感を耐えることなんかできない。

イキまくるオリエだった。

さらに、ギターを持って演奏するように命令されてしまった。

自分の演奏するギターの音で感じてイカされる屈辱。

ミュージャンとして大切なギターを汚される凌辱。

オリエのミュージャンとしてプライドもズタズタにされてしまいました。

そして、男が、自分のものをオリエに挿入しようとした時でした。

スマホに着信音が、アンリからでした。

「オリエ、私やっぱり活動休止しない!」

男は、電話に出ると、オリエにアレを挿入してます。

ぁ・・ぁあああ・・・

「オリエどうしたの?」

オリエの喘ぎ声をアンリに聞かせると・・・

「おぼえてる?僕だよアンリちゃん。」

「オリエ大丈夫?! 今助けに行くから・・・」

「ダメッ!来ちゃダメ!」

オリエの悲痛な叫びが響く!!

しかし、オリエの快感は止まらない。

男のピストン運動と聞こえてくる音楽によってオリエは絶頂し続けるのでした。

こんな状況の中でも、オリエの願いはアンリが来ない事を祈るだけだったが

ガチャ・・・!

本当に来ちゃったんだ・・・

さあ、オリエちゃん命令だよ。

男の命令は、

『アンリちゃんを羽交い絞めにするんだ。』

見つめ合うアンリとオリエ

アンリの歌声が大好きだから・・・!

女の友情・愛情?が爆発した!

そうですスマホでは、人の心は操れないのでした。

悪夢は去った!

何事もなかったように・・・

男は、煙と共にいなくなっていました。

2人の友情が、絆が、愛が男に勝った!

アイドル強制操作 感想

『アイドル強制操作〜スマホで命令したことが現実に〜』

彼女いない歴22年の鎌田紐男。

そんな童貞男が、謎の女からもらったスマホで美女をやりまっくてしまう。

憧れのグラビアイドルの南雲沙雪、美人局アナの悠里ともか、最強の女格闘家のアリサらを、自分の好きなように料理していたのだ。

男の誰もが妄想するエロ体験を紐男はやってしまった。

こんなスマホを本当に手に出来たらと思っていしまうのは俺だけじゃないだろう。

美女を満喫した鎌田紐男でしたが、最後はどうなったのでしょう。

スマホと一緒に煙にように消えてしまいました?!

罰でしょうか? それアリかなぁ!

十分楽しんだもんね。

鎌田紐男へご苦労さんと言っておこう!

 

アイドル強制操作 終章は、安全な公式サイトの『まんが王国』でお楽しみください。

d-blue1試し読みはこちらからd-blue1

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ