アイドル強制操作 終章2 ギターリストのオリエが・・・

復讐心に燃えるオリエは、簡単には屈服しなかった。

オリエと男の戦いが、またはじまった!

▼▼▼アイドル強制操作▼▼▼

アイドル強制操作 終章2 たとえすべてを汚されても

オリエは電車の中でイカされ乗客の目の前で醜態をさらした。

絶対に許せない。許せないあの男・・・

このまま引き下がるわけにはいかない。

ピンポ~ン・・・!

悪夢が再びオリエに!!

宅配を装ったあの男がオリエの部屋に入り込んできたのでした。

「遊びに来たよオリエちゃん」

「徹底的に恥をかかせてやる!」

しかし、オリエも負けていません。

この装置のボタンを押したら私の後輩が何十人も駆けつけてくるようになっている

絶対に訴えてやる。アンリだけでなく私にまであんなことをしたアンタを・・・

「このスマホは、絶対だ。僕には逆らえないんだ。」

オリエは、精神をしっかり持っていればどんな催眠にもかからない!そう思って男に立ち向かうのっですが、男の言う通り体はまったく思うように動きません。

男の命令したようになってしまうのでした。

電車の時と同じようにまったく逆らえない。

手足の自由がきかなくなったオリエは、ベットに寝かされ胸を責められます。

乳首を舐められ吸われイヤなのに快感につつまれてしまいます。

さらにスマホでカラダの感度は、2倍、10倍に。

男の指がクリトリスと膣口をかきまわす。

オリエには、もうがまんできなかった。

嫌なのにイキたくなんかないのに!

何も抵抗できないまま・・・

ダメっ!あぁあああ・・・

イカされてしまうオリエ。

何度も何度も、弄ばれイキまくるオリエ。

さらに彼女に屈辱的なことが。

男がスマホで命令したこととは?!

オリエにとって屈辱的な命令だった。

初めてのエッチがこんな男と、しかも自ら騎乗位で挿入する?!

こんな男と絶対イヤ!! オリエのカラダは自由になりません。

いやぁあ~! あああぁあ・・・

オリエは男の上にまたがって騎乗位で自ら男のモノを挿入し処女喪失をしてしまうのでした。

あぁああん んんッ!

その後も男にあらゆる体位で犯され汚されたのでした。

何時間も犯した後、男は帰り、セキュリティーのボタンを押したのだった。

縛られバイブでイカされている。そんな屈辱的な状況を

助けに駆けつけた友達・後輩に見られることになってしまいました。

こんな無様な姿を、後輩に見られたことは最大の屈辱であった。

絶対に許せない!

必ず、あいつを倒す!!

男に完敗して犯され屈辱をあじわったオリエっであったが、復讐の気持ちはより強くなっていった。

確かにあの男には逆らえなかったが、心だけは操られなかったのだ。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ