クリムゾンガールズ 女格闘家 泉アリサの処女が!

d-blue1クリムゾンガールズはこちらからd-blue1

男の次のターゲットは格闘家の泉アリサ

黒羽みつを屈服させた男の次のターゲットは泉アリサだった。
泉アリサは、黒羽みつとは比べ物にならないほど強い女だ。

だが、強いだけだ! より強い『兵隊』を用意すればいい、その人数も十分用意して・・・
強い相手には、それを上回る強い力で制圧すればいい事だ。

男は、復讐のため十分な準備をして計画的に、女格闘家の泉アリサに臨んだのでした。

クリムゾンガールズ ターゲットは泉アリサ

その日も、いつものように泉アリサは電車に一人で乗っていた。

アリサが乗った電車には、十分な数の屈強な男達(痴漢)が待ち構えていた。

アリサが取り囲まれる。

一人の男が、アリサの背後から抱きつく。
アリサは、並外れた腕力で両腕を拘束され、もがいてもどうする事も出来なかった。

ここはガマンだ・・・あとでぶっとばしてやる!

アリサは怒りを押さえ込み、何とか声も押し殺す・・・しかし

拘束されたアリサの乳房に男達の手が伸び愛撫が始まっていた。
そして両方の乳首を責められ感じてしまうアリサ。

あぁあああ・・・んぁああ・・

アリサの口から甘い吐息が漏れる。

まだ男との関係が未経験なアリサには、この快感は?!

乳房だけでなく別の男はアリサの股間に顔を近づけ陰部をパンツの上から刺激する。
今まで経験のないアリサにとって大きな刺激であった。

経験のない快感がカラダを襲い何をすればいいか見失うアリサ。
まるで電気が全身を走るような衝撃的な快楽を感じるのでしたが、まだ未経験のアリサには、性的な快感であることが理解できなかった。

アリサは、ついに熱く女陰が潤いだしたのを気づいた。

もう許さへん。こちつら・・・ここでぶっとばしてやる。

アリサの怒りも頂点に達し気を入れて反撃しようと体勢を低くし男達を振りはらおうとした時だった。
男達のほうが早かった。アリサは後ろで指錠をかけられてしまったのだ。

鉄製の指錠をされては、さすがの格闘家の泉アリサもどうする事も出来ません。

まったく抵抗できなくなったアリサに男達の容赦のない愛撫が続いた。
アリサのパンツ中に忍び込んだ指は、皮につつまれた桜色のクリトリスを優しく撫でるように刺激する。
別の男の指は、陰部を広げ入っていく。思わず喘ぎ声が出そうになるが必死にガマンするアリサ。

こんな男達によってイカされなんかしない。そう思っても快感が全身を包まれてしまう。

イヤや・・もう・・ダメ!
いィ・・イクッ!
んはぁあああッ・・・

媚薬を塗った指で陰部を責められ、ついに大きな声をあげて絶頂に達してしまうのでした。

激しすぎる絶頂を感じ、そしてこんなことがあってはならないという思いでアリサは、そのまま気を失った。

格闘家アリサ完敗!

目を覚ましたアリサであったが、そこは見知らぬ場所だった。

アリサは、注意深くあたりを見渡したが、ここがどこなのかわからなかった。
そこには、一人の男が立っていた。
電車の中で痴漢をしてきた屈強な男達は、そこにいなかった。

そこにいたのは、以前アリサに殴られた男でした。

アリサは、この男一人なら問題ないと思ったのですが、男が向かってきても思うようにカラダが動きません。
さっきの媚薬のせいなのか男にタックルされるとアリサは、押し倒されてしまいました。

何とか抵抗を試みるのですが、下半身には、まったく力が入りません。いつもだったら簡単に跳ね返せるはずだがカラダが動きません。

そんなアリサの乳房に男は襲いかかりました。そして簡単のバックを取られ乳房と乳首を責められてしまいました。
アリサは、男のされるままになってしまいました。男にカラダを愛撫されることに快感を感じ反抗よりも快楽求めてしまいそうになります。

やがて男の愛撫は乳房から女陰へ移っていきました。

くそっ・・・やめろ!

ああっ・・ダ・・ダメや!

これでは、サキに合わせる顔がないと必死に耐えるアリサでしたがカラダは反応してしまいました。

陰部からは愛液があふれ男の指を濡らしていました。

あああぁぁっ・・・!

そして男にクリトリスを責められ、簡単に絶頂に達してしまった。

一度イッたアリサにはもう抵抗することは出来ませんでした。

男に指で女陰を愛撫され続け何度も絶頂に達するのでした。

男に敗れ洗脳されたアリサは、男のアレを口にいれフェラまでしてしまいます。

最後には、自らアソコに挿入をお願いして・・・

アナタのち〇ぽを・・・ウチのおま〇こに、入れてください!

男は、勃起したアレをアリサの処女のアソコにゆっくり挿入するのでした。

うちは、アナタの奴隷です!

泉アリサ完全屈服する!!

クリムゾンガールズの泉アリサ編はコミックシーモアで配信されています。

無料試し読みはこちらから
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ