極嬢マッサージ- 声の出せない状況でイカされる女たち  穂波ネイ編

goku02

極嬢マッサージ- 穂波ネイ編 隣の部屋にパパがいるのに

穂波ネイは、学園の生徒会長。

家は、学園のスポンサーで、パパは大企業の社長。

忙しいパパにネイが会うのは、年に2、3度であった。

ある日、ネイは久しぶりに会ったパパに有名なエステサロンに連れてきてもらった。

ミストには媚薬が?!

部屋に通されたネイは、ベッドに仰向きに寝て蒸気のアロマでリラックするよう店員に言われます。

ネイは、裸同然の姿で隣にパパがいると思うとリラックスするどころか緊張感を感じるのでしたが、次第にカラダに異変を感じ始めるのでした。

ミストの噴射機から出てくる蒸気を吸い込むと段々全身の力が抜けていくのが分かりました。

かわりに、アソコが異常に疼いてくるのを感じます。なんにもしてないのにアソコが濡れてきてしまいました。

ネイは、無意識に疼いているアソコに手を伸ばしていました。

こんなところでオナニーなんてしちゃダメと思ってはいるのですが、がまん出来ないで指でアソコを弄り始めてしまったネイ。

もうやめなきゃ
ああぁ・・ でも・・・イキそう

「失礼します。アロマの効果でリラックスできましたか?」

見計らったように、イク寸前で二人の店員が入ってきたのです。

「それでは、施術のほうはじめさせていただきます。」

オナニーでイク寸前だったネイは、頭が真っ白になり動揺しているため、何もいえず、店員のなすがままになってしまいます。

店員に手足をオイルマッサージされるだけでも感じてしまうネイ。

さらに店員は、ネイの感じる部分にも触ってマッサージをします。
胸のまわり?!いや乳首までも、そしてアソコにまで指が・・・

仕切りの隣にパパがいるのにと思いながらも快感が全身を支配する。

とうとうネイは、アソコを指で弄られイカされてしまいました。

マッサージ師に犯されるネイ。

隣にパパがいるのにイカされたネイ。

嫌なのに・・・感じてしまう!

助けを求めたいけど・・・気持ちよくて!

さらにネイは、極うまの親父にマッサージを受ける。

指先のテクニックに快感が止まらなくなるネイ。

頭の中では、パパに助けを求めたいのと思ってはいるのだが、快感を味わっているのは確かだし、こんな状況をパパに知られたくないネイは、なすがままになり、
マッサージ師に勝手に膣内までグチャグチャされ何度もイカされてしまいます。

最後は仕上げにと、うつ伏せ状態のネイのアソコに親父の勃起したアレが挿入されるのでした。

あえぎ声もガマンできないで絶頂に達したネイ。

パパに気づかれなかったかな?!

goku03

極嬢マッサージ- 穂波ネイ編 感想

社長令嬢で生徒会長の穂波ネイが、隣にパパがいる声の出せない状況でイカされる。考えただけで一般男としては、妄想が止まらなくなりますね。

アソコが疼いて、つい手がアソコに伸びてオナニーをはじめちゃうなんて、お嬢様もそんな事するのかなって想像してビンビンなってます。(笑う!)

しかも最後は挿入されて大きな喘ぎ声を出してイカされてますからね。パパは気がつかないのでしょうか?!

そんなエロい『極嬢マッサージ- 声の出せない状況でイカされる女たち』は、安全な公式サイトのまんが王国 コミなびで読むのをお奨めします。

まずは無料試し読みから

d-redd-redd-redd-redd-redd-red

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ