ヴァージンツイート 12話 無料ネタバレあらすじ情報

ヴァージンツイート 12話 気づいたら男の人のモノをアソコに擦りつけられて

男の指は、あいの一番感じる方法で乳首を刺激します。そして一方の手はアソコを刺激して、ついにあいは、絶頂に達するのでした。

本当は、その電話でフロントの店員に助けを求める事も出来たハズなのに・・・あいは、それができませんでした。

続きをしてほしかった?!

違う!違うの! そうじゃない!

認めたくないと頭の中で否定する。

あいは必死で言いわけを繰りかえす

だが、言いわけをしつつ。

あいは、もう快感をガマンすることはあきらめました。

痴漢の男はなおもあいの乳首への刺激やアソコをしゃぶって感じさせます。

くちゅ! くちゅ! 

おっぱいとアソコを舐めしゃぶる男の愛撫に

ゾクゾクッ感が止まらないあい。

犯されたいわけじゃない! ちィ違うの!と頭で言いわけをしながらあいはまた絶頂へ達したのでした。

一人でオナニーするより気持ちい快感で何も考えられないでいると。

ドキィ!

ウソ! 待って!

男はあいの足を大きく開かせられて、アソコに初めて見る男の大きくなったアレが擦り付けられていました。

そんなのイヤ! イヤ!

カラオケボックスで、処女喪失か・・・?

ブル ブル・・・

あいは震えながらつぶやいた。

「おねがい・・します。やめて・・・ください・・・」

男にあいの言葉は届くのか?!

次話が気になりますね!
▼  ▼  ▼  ▼  ▼

ウソでつぶやいたエロ垢のように「寸前で助かった」になるのか?それとも処女喪失か?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ